医療業界が抱えるいろんな問題

知っていますか?

看護師を目指す友人の話

どんな仕事にも向き不向きがありますよね。「天職だ」と思える仕事に出会うことができれば一番よいのでしょうが、なかなかそうはいきません。やりたいことを仕事にすることができる人なんて、本当にわずかだと思います。また、やりたいと思っても、それに向いているか向いていないか、という問題もあります。夢を追いかけても、実は自分は向いていないんじゃないかと悩むことも多々あることだと思います。でも、「好きこそものの上手なれ」と言います。少々のことがあっても、好きならば乗り越えていけるでしょう。
私は今30代後半に差しかかっているのですが、家庭のことでいっぱいいっぱいでやりたいことなんて考える余裕もありません。子育ての悩みも尽きませんし・・・(泣)
子育てをしながら仕事に励むキャリアウーマンって本当にすごいと思います。

そして驚くことに私の友人が最近いきなり看護学校に通い始めました。30代後半からの再チャレンジです!今までは精密機械の会社に勤めていました。本人なりにいろいろ考えてのことだったのでしょうが、あまりにも突然のことだったので、ご家族はじめ周りのみんなは絶句するくらい驚きました。でも、彼女の性格を考えると、私はとても向いていると思いました。とにかく優しいし、気遣いも細やかで、行動力もあります。
友人から聞いた話ですが、ある日その彼女といっしょに電車に乗っていて、気分の悪そうな乗客が嘔吐してしまったそうです。次の駅についた時、その乗客は駅員さんに連れられて降りていきましたが、彼女はすぐにその嘔吐物の処理をしたそうです。ペットボトルのお茶で嘔吐物を車外に流し、跡をティッシュで拭き取りました。そういうことが、自然にできる人なのです。東日本大震災のときも、ボランティアに何度も通っていました。他人のために動くことがとても性に合っているのだと思います。
この歳になっての看護の勉強はさすがに大変らしくて「今まで生きてきた中で一番勉強してる。大変だよ。」と弱音をもらしたりもしていますが、なんとか頑張り抜いて、彼女のような人が無事に看護師になれるといいなと思っています。
「看護師になるための流れや基礎知識をご紹介」というサイトで、「看護師に向く、向かない人」というコーナーがありました。
それによると、向いている人は、
1.体力があり、健康で自己管理ができる人
2.思いやりがある人
3.明るく向上心のある人
4.コミュニケーションが得意な人
5.精神が強く忍耐力がある人
とのことでした。彼女にあてはめてみると、全部ぴったりだなと思いました。自転車が趣味で本格的に走り回っているから心身ともに健康だし、思いやりはもともと自然に持ち合わせているし、まじめだけど実は基本的に明るいし、コミュニケーションがとれなくなることはまずないし。
これだけ看護師に向いている人も珍しいなと思うくらいです。
今度あったら看護師の求人のサイトでも教えてあげよう。